転職したいので今、語学を勉強していますという人がいます。ただし、英語を習得しただけでは難しい事もあります。

転職するために英語を習得したい
転職するために英語を習得したい

転職するために英語を習得

今の時代はグローバル思考です。

多くの企業が外国に行き、多くの人も外国に目を向けています。
日本の中だけを見ているだけではもはや将来は倒産か規模を小さくするしか企業にとって道はないでしょう。グローバルの中で一番標準的な語学が英語になります。
日本は島国なのでなかなか英語を堪能に話せるようになるのは難しいのですが、多くの外国の人達は第二か国語に英語を話す事ができるのです。

日本の英語のレベルはとても低いとされています。
ただ、これからの時代、今の小さな子供たちに求められる事はベースがまずは英語力になるのだと思います。
今の学校の義務教育を見てもわかるように授業では英語だけを使うようにといった方針もでているくらいですから。多くの企業が新入社員に英語力を求めています。
トイック740以上があり、プラス何か自分をアピールできるようなものがないといけません。とても大変な時代になってきました。
今働いている人の中にも転職をしたいから英語を頑張って勉強しているという人がいます。
もちろん素敵なことだと思いますし、無駄な事では決してないのですが、ただ、英語力があり、それをアピールすることに使いたいのであれば、850点くらいのトイック力が必要だと思いますし、それだけをアピールしてもやはり意味がありません。

それに今の新入社員と比べると英語力は明らかにあとから勉強した人とくらべると衰えてしまうと思います。
ですのでそういった意味でもやはり英語は早めになるべく毎日勉強していくことが大切なのです。

社会人になり、仕事が忙しい中で英語の勉強をしていくということは想像以上に大変だとおもいます。
それがもし、英語を仕事の中で使わないのであれば、なおさらです。

ただ、勉強しているだけではモチベーチョンもなかなか上がっていかないのですし、継続する事ができません。もしも転職をしたいのであれば、きちんと転職する目的をもち、それに英語が必要であれば、その気持ちを糧にして頑張っていく事が大切だと思います。

近頃良く聞く転職。深く知るならココをブックマークしましょう